コンビニで戸籍謄本(抄本)を取得してきた!本籍地に住んでいない場合の手続き方法と注意点

日本地図 投資・お金

 

戸籍謄本がコンビニで取れるってすごく便利ですよね。

 

本籍地に住んでいない人も多いと思いますが

今までだとわざわざ本籍地の役所へ行く(行ってもらう)か

郵送してもらうしか方法がありませんでした。

日本地図

 

私も本籍地に住んでいませんが

パスポートの取得のためにコンビニで戸籍謄本を取得してきました。

便利ですが少し取得方法が分かりにくかったのと

いつか注意点があります。

 

この記事ではコンビニで戸籍謄本を取得する方法と注意点をまとめています 。

戸籍謄本の取得方法として書いていきますが

戸籍抄本も全く同じです。

 

スポンサーリンク

全ての人がコンビニで戸籍謄本を取得できる訳ではない

 

まずはじめに戸籍謄本は日本全国誰でもコンビニで取得できるだけではありません。

いずれは全員が取得できるようになると思いますが

現在はまだコンビニでの手続きに対応している自治体でのみ

戸籍謄本の取得が可能となっています。

 

大体大きな市などは対応しているはずですが

これは実際にコンビニへ行って確かめてみるか

直接自分の本籍地の役所に問い合わせてみるしかありません。

電話中のイラスト

 

電話で直接本籍地の役所に証明書のコンビニ取得に対応しているか

確認するのが早いですが

コンビニ自体でも取得可能か確認することはできます。

確認する方法は取得の手順と同じようにするため

「コンビニでの戸籍謄本取得手続き方法」の項目で説明しています。

 

コンビニでの戸籍謄本取得にはいくつか準備が必要

 

コンビニで戸籍謄本が取得できるとすごく楽で簡単で助かると思いますよね。

実際そうなんですが

その前に色々と準備が必要になります。

 

マイナンバーカードが必要

マイナンバーカードイラスト

コンビニで戸籍謄本を取得する場合マイナンバーカードが必須になります。

このマイナンバーカードを発行するためにも

申し込み用紙を発送してから2週間ほどかかります。

 

マイナンバーカードがあっても即日では取得できない場合もある

 

私はマイナンバーカードを持っていたので

コンビニでその日のうちに取得できるのかと思っていましたが

まずコンビニで取得するための証明書交付の利用登録申請というものが必要でした。

私は本籍地に住んでいないので証明書交付の利用登録申請が必要でしたが

これは本籍地に住んでいれば必要ありません。

 

このコンビニ取得申し込み手続きをコンビニでしてから

実際にコンビニで戸籍謄本が取得できるまでに一週間ほどの時間がかかります 。

少しややこしいです。

 

この利用登録申請はインターネット上でもできるようですが

マイナンバーカードを読み込むための

ICカードリーダーがないといけないのでコンビニで手続きするほうがいいと思います。

 

また取得可能になっても24時間コンビニで取得できるわけではありません。

役所のシステムが稼働している時間帯のみ取得可能だったりします。

省庁のサイトでは6時30分から23時まで取得可能となっていますが

私の本籍地の自治体ではこの取得可能時間がもっと短いです。

例えば9時から17時までなど時間が決まっています。

 

手続きも少し分かりづらい部分があるので次の項目でひとつずつ説明していきます。

 

コンビニでの戸籍謄本取得手続き方法

 

コンビニではファミポートのような端末ではなくコピー機で手続きします。

実はコンビニのコピー機はマルチコピー機と言っていろんな機能があります。

コピー機のイラスト

このマルチコピー機のメニューを見てみると

行政サービスというものがあります。

行政サービス選択

この行政サービスに

このように証明書交付サービスと証明書交付の利用登録申請というものがあります。

まずは交付の利用申請からです。

 

登録申請選択画面

ここをタッチするとこのように

必要な自治体が対応しているかどうか確認してくださいというお知らせが出ます。

対応確認画面

進めていくと自分の本籍地の都道府県と市区町村を選べるようになっています。

ここで自分の本籍地の都道府県や市区町村を選ぶことができなければ

その自治体はコンビニでの戸籍謄本取得にまだ対応していないということです。

市区町村確認

 

対応していれば後は画面に出てくる項目を選択しながら

「同意する」か「確定する」のボタンを押していけば手順通りに進めていくだけです。

同意ボタン確定ボタン

 

この最初の証明書交付の利用登録申請手続きからマイナンバーカードが必要になります。

 

カード置き場所案内

このように案内が出るので

コピー機の上にあるこの場所にマイナンバーカードをセットしてください。

マイナンバーカードの暗証番号も必要なので事前に確認しておく必要があります。

カード置き場所

 

手続きが済むと利用申請中のメッセージが出てきます。

これは印刷できるので印刷しておいた方がいいです。

確認番号案内

ここに出てくる番号で利用できるようになったか確認することができます。

 

URLかQRコードで専用サイトへ行き数字を枠内に入れると

コンビニで取得可能になったかどうかを確認することができます。

確認サイトの画面

この確認作業も役所のシステムが稼働している時間帯でしかできないようです。

この時間は自治体によると思います。

確認時間外

 

コンビニでの取得登録が完了してからの手続き

 

証明書交付の利用登録申請手続きが完了してコンビニで取得可能になれば

役所のシステムが稼働している時間帯であれば

コンビニのコピー機から自分の戸籍謄本を取得することができます。

 

交付サービス選択

手続きは行政システムから証明書交付サービスを選んで

必要な項目を選んで「確定」か「同意」していけば取得することができます。

ここでもマイナンバーカードが必要になります。

操作が終わればコピー機から戸籍謄本が印刷されて出てきます。

手数料は450円ほどでした。

 

まとめ

 

私はパスポートの取得用のために戸籍謄本を取ることにしました。

 

私は現住所が本籍地が遠いので郵送してもらおうと思っていましたが

郵送だと書類に本籍地の住所も書いて

手数料と返信用封筒を一緒に入れて返送してもらわなければいけません。

お金も余計にかかる上にすごく手間です。

 

郵送に比べてコンビニ取得の手数料だと半額程度で済みます。

また郵送だと郵便局で「定額小為替証書」というものを買わなければいけません。

 

コンビニ取得も最初の手続きが少しややこしいのですが

それさえ済んでしまえば日中であればいつでも戸籍謄本を自由に取得することができます。

 

戸籍謄本なんてそんなに必要になるのではありませんが

私の場合パスポートを紛失した時のために

いつでもすぐに取得できるようにしておきたいという目的がありました。

 

コンビニでの戸籍謄本取得はとても便利なので是非試してみてください 。