ホーチミンで食べてきた南国フルーツ10種類をレビュー!値段や注意点は?

ベトナム

 

ベトナムといえば食べ物が美味しいことで有名ですが

一年を通して暖かい東南アジアなのでフルーツも豊富です。

 

この記事では私がベトナムホーチミンで食べてきた

日本では見かけないフルーツを紹介しています。

 

今回の旅で食べてきたのはこの10種類です。

 

・チュオイサップ(食事用バナナ)

・サワーソップ(トゲバンレイシ)

・ミルクフルーツ(ブースア)(スターアップル)

・サポジラ干し柿

・釈迦頭(バンレイシ)(チェリモヤ)(カスタードアップル)

・アセロラ(セリー)

・小さいリンゴ

・サトウキビ

・コック 

・ジャックフルーツ

 

ここから1つずつ説明していきます。

 

スポンサーリンク

チュオイサップは完全に食事用のモンキーバナナ

 

一番の繁華街であるブイビエンの露天で買ったこのバナナなんですが

これは言うなれば主食用バナナです。

 

完全にさつまいもと栗を足した味と食感で

バナナの名残としてはわずかな酸味を残すのみです。

 

これは分類するならフルーツではなくご飯類ですね。

主食になりそうです。

 

 

質感が伝わるでしょうか?

このバナナの値段ですが50000VTDもしました。

後日普通のバナナが15000VTDぐらいでおそらくぼられたのでしょう。

 

しかし日本では絶対にお目にかかれないバナナなので食べておいて良かったです。

見た目は完熟モンキーバナナですが

生では食べることができない種類のバナナを茹でたものだそうです。

 

一番インパクトがあったのはサワーソップ

 

 

これを買ったときはキワノかなと思ったんですが違いました。

キワノだったら日本のスーパーでも稀に売ってるんです。

 

ちょっと大きい種類の違うものなのかなと思いながら

ホテルで切ってみたところ様子が違います。

 

 

そしてものすごいトロピカルな香り!

パッションフルーツのようなものすごい香りです!

 

食感はすごく柔らかいけど繊維質。

なんだかこれは初めて食べる食感です。

 

そして口に広がる強烈なトロピカル芳香。

これは一番衝撃でした。

 

日本名トゲバンレイシというそうで沖縄などにもあるのかな?

見た目と違ってとても柔らかく手でちぎって食べることもできます。

大きさ関係なく44300VTDでした。

 

まるで柿と干し柿!ミルクフルーツとサポジラ

 

 

ミルクフルーツは見た目が少しトロピカルですが

味は柿に近いです。

柔らかめの柿。

白いのでちょっと不思議な気分になります。

 

そして少しシワシワになったこちらはサポジラで味は完全に干し柿です。

干し柿が好みなら絶対食べてみてほしいですね。

 

 

この2つは屋台で売っていることが多いです。

1kgで60000VTDほどでしたが店によって違うはずなので交渉してみてください。

 

チェリモヤは種が石ころ!

 

 

チェリモヤ(釈迦頭)は見た目が固そうに見えますが

中はやわらかくこれが一番無難に美味しかったです。

トロピカルでもクセもなく食べやすい味と食感。

少し洋ナシのような。

 

種がまるで石ころを口に含んだかのように固いので気をつけて食べてください。

こちらも1kgで60000VTDでした。

 

さくらんぼと紹介されているのはアセロラ

 

ベトナムのガイドブックにはさくらんぼなどと紹介されていましたが

こちらはアセロラです。

現地ではセリーと言われてました。

 

甘酸っぱいイメージでしたが少し青臭いです。

 

そしてけっこう多めに芯のようなものがあり味も薄め。

私は屋台で熟れすぎたものを20000VTDで買いましたが

同じ量がコンビニで10000VTDが相場です。

 

写真のように青っぽいのが理想で赤くなっているものは熟れすぎです。

屋台では熟れすぎたものが割高で売っていたりするので気をつけてください。

 

小さいリンゴは味気ないりんご

 

こちらは見た目の通り小さいリンゴ。

こちらも味は薄めであっさり。

 

サラダに合いそうな感じです。

 

サトウキビの食感はあまりよくない

 

サトウキビは噛むと茎の繊維から甘い汁が染み出してきます。

ですがこれ食感があまり良くないです。

なんかプラスチックでできた硬いスポンジを噛んでいるような。

屋台で生絞りもやっているのでジュースのほうがおいしいのではないかと思います。

 

失敗したのはコック!これは果物なのか?

 

こちら果物として売ってますが全く甘くもなくとても硬くそのまま食べるものではないです。

ピンク色の塩がついてきますがまず硬くて食べるのが大変です。

味もきゅうりみたいな感じでした。

 

コックは皮を剥いて何かジュースのようなものに漬け込んで売っていたりします。

もし買うなら皮を剥いたものがおすすめです。

 

ジャックフルーツはコンビニで少量が買える

 

 

ジャックフルーツはかなり大きなフルーツですが

とてもおいしく人気があるためコンビニにも少量から置いてあります。

 

ジャックフルーツはほとんどの人がおいしいと感じると思います。

味は全然違いますがパイナップルのような安定感があります。

 

フルーツはどこで買うのが安い?一番安いのはコンビニ

 

フルーツは屋台などでもたくさん売っていますが屋台はだいたい高いです。

 

安いのはスーパー、果物屋さん、コンビニです。

SATRAFOODSというお店がフルーツの品揃えが良くておすすめ。

 

 

コンビニでは少量パックがどれも15000~20000VTDほどで売っています。

 

あまりおすすめはできない小さいリンゴやサトウキビ、コックなどは詰め合わせで15000VTDからあるので味見程度に試してみるのもいいと思います。

 

ザボンは40000VTDくらいとそれよりちょっと高めなことが多いです。

 

メジャーなものはこういったところに安く置いてあります。

屋台などで買う半額ぐらいなので安く食べたい人はこちらで買うといいです。

 

マンゴスチンやドリアンなど屋台以外では見かけなかったものもあるので

そういったものは屋台で買ってみるといいと思います。

 

今回食べることができず紹介できなかったフルーツもたくさんあります。

 

一番心残りなのはガックフルーツ。

リコピン含有量がトマトの70倍だとか。

 

中華街であるチョロンで見かけたのですが雰囲気が怖くて買うことができませんでした。

次回こそは。

 

やはり南国はいいですね!

フルーツ天国です。

 

ぜひベトナムでフルーツを楽しんできてください!