射撃体験も!一人でベトナムホーチミンのクチトンネルツアーに参加!所要時間や値段は?

ベトナム

 

ホーチミン旅行で人気の観光地であるクチトンネル。

 

クチトンネルはベトナム戦争時のベトコンの本拠地跡です。

ホーチミンへ行くならぜひ見ておきたい観光地の1つです。

 

私もクチトンネルへ行って

世界的に有名な自動小銃である「AK-47」の射撃体験もしてきました。

 

この記事ではクチトンネルツアーと射撃体験のレビューをしています。

 

スポンサーリンク

クチトンネルは自力で行くと結構大変

 

クチトンネルへはツアーで行く人がほとんどですが

実は自力で行くこともできます。

 

しかしホーチミンからはローカルバスを2回乗り継いで

3時間ぐらいかけて行くことになります。

 

運賃は安いのですが道筋も簡単ではありませんし

数日間の旅行だと時間の無駄になってしまいます。

 

私は現地ツアーでいきましたが日本語が達者なガイドさんがかなり丁寧にいろいろ説明してくれるし

バス内でもベトナムの歴史や事情も色々と教えてくれます。

 

現地ツアーで申し込んでも3000円ちょっとで

直行バスと日本語ガイドがついているのでおすすめできます。

 

ホーチミンからの所要時間は1時間半から2時間。

私が行った時は道もすいていて1時間半でした。

 

私が参加したツアーでは日本人が10人ほどいたので小型の観光バスを貸し切りにしてくれていました。

ツアーは朝8時頃から昼過ぎまでです。

 

クチトンネルはこんな感じ。一人参加でも問題なし!

 

私は一人参加でしたが同じクチトンネルツアーには一人旅をしている日本人が四人いました。

 

一人参加で大丈夫かなと不安に思っている人は全く心配いりません。

一人参加は珍しいものでもなく普通のことです。

 

仮にツアー自体の参加人数が一人だけだったしてもガイドさんが写真などを撮ってくれます。

 

トンネルはほんとに狭い・・

 

 

当時の食事はこんなのです。

 

いもですね。

はっきり言っておいしくはないです。

あまり味もなく・・

 

でもこれもいい経験ですね。

 

クチトンネルでの射撃体験はオプションで別料金が必要

 

クチトンネルはベトナム軍が管理しているため軍で使うような銃で射撃体験ができます。

 

これはオプションなので現地で撃ってみたい人だけが個別にお金を払ってやることになります。

 

料金は弾10発で3000円程。

 

私はホーチミンに行く前にいろいろ情報収集してましたが

ここ数年で倍近く値段が上がってしまっています。

 

まだ3000円くらいなら許せますが

これでも世界的に見れば安いらしいのでまた上がってしまうかもしれません。

 

選べる銃は「AK-47」か 「M-16」

 

最低ラインの3000円だと弾10発です。

もちろんお金を追加すれば弾数を増やすことができます。

 

M-16は連射もできるとか。

お財布に余裕のある人はM16もいいですね。

 

私は有名な AK-47を撃ってみましたがこちらは単発のみ。

 

しかし凄まじい音ですよ!

 

私はタイでも拳銃を撃ってきましたが比較にならないほどうるさいです!

 

というか射撃場に近づいた時点でものすごい音がしています。

ちゃんと耳あてを貸してくれるので大丈夫ですけどね。

 

素人が自動小銃なんて危険じゃない!?ちゃんと対策がしてあるから大丈夫!

 

自動小銃とは言え銃器を見慣れない日本人には「AK-47」や「M-16」は大きいですし

慣れてない人が撃って大丈夫なのかと思うかもしれませんが

銃の先の方は半固定されていて銃口を一定角度から横に向けることはできません。

 

前方以外には銃口が向かないようになっているんです。

 

 

自由に照準合わせすることはできますが

前方以外の危ない方向に銃口が向かないということです。

そして職員が常に横に付いていてくれます。

 

これなら絶対に事故はないため安心して参加することができます。

 

私が撃ってきた AK-47ですが相当な年代もののようでよく弾が不発になります。

その都度職員が弾を入れ替えます。

 

それもご愛嬌なんでしょう。

 

私が行った日はたくさんの観光客が射撃をしていましたが

M-16を撃つ人は誰もいませんでした。

 

帰りは戦争博物館前でも降ろしてくれる

 

私はクチトンネルに行く前日に戦争博物館に行ったため

ホテルが近いドンコイ地区で降ろしてもらいました。

 

帰りにそのまま戦争博物館前で降りることもできます。

もしくは旅行会社のあるブイビエン付近。

 

ある程度メジャーなホテルには迎えに来てくれます。

 

私も小さなホテルに泊まっていましたが朝迎えに来てくれました。

 

朝は何かと慌しいのでこれは助かります。

 

クチトンネルでの注意点

 

クチトンネルツアー参加時の注意点としては

 

けっこう蚊がいるので虫除けスプレーを持って行ったほうがいいです。

 

あと日差しも強いので帽子もあったほうがベター。

 

現地のコンビニでも買えますが皮膚への刺激が強かったりもするので

肌荒れが気になる人は小さなムヒが飛行機機内にも持ち込めるサイズですので

おすすめです。

 

私もこれを持って行きました。

 

今回は日程的にクチトンネルだけにしましたが

メコンデルタツアーとクチトンネルがセットで1日とか

ベトナムにはたくさんのオプショナルツアーがあります。

 

クチトンネルも3000円程度で行けて半日の日程なので

ホーチミンへ行くなら一度見ておくのはかなりおすすめです。