スポンサーリンク

SEVソールFitとSEVアンダーインソールはどっちがいい?実際に両方使って違いを比較してみた

レビュー・比較

 

SEVのインソールが気になってるけど

小さいほうのSEVソールFitと大きいほうのSEVアンダーインソールがあって

 

「何が違うの?」

「どっちを選んだらいいんだろう?」

 

そう考えている人もいると思います。

 

この記事では小さいほうのSEVソールFitと

大きいほうのSEVアンダーインソールの両方を使っている私が

両方を比較しながら違いやメリットをまとめています。

 

スポンサーリンク

まずは実物の大きさを比較!大きさで効果の感じ方が違う

 

まず1番大きな違いとしてはやはり大きさですが

両方を実際に比較するとよりわかりやすいはずです。

 

SEVアンダーインソールが足のサイズ28cmまで対応できるに対して

SEVソールFitは女性のパンプスでもちょうどいいくらいの大きさです。

 

実際に比較するとこんな感じです。

SEVアンダーインソールの上にSEVソールFitを置いてみました。

 

ここまで大きさが違うとやはりSEVソールFitでは効果が小さいのではないかと

考える人も多いのではないかと思います。

 

結論としては確かに効果の感じ方は違うのですが

小さい方のSEVソールFitにも色々とメリットがあります。

 

私は最初にSEVソールFitを購入してかかとの方に入れてみましたが

確かにかかとの方にだけ何か感覚を感じました。

 

これは本当に面白い感覚で

大きい方のSEVアンダーインソールよりも

小さいほうのほうのSEVソールFitのほうが

足先とかかとの感覚の違いがわかりやすいので

SEVの効果自体を感じやすいかもしれません。

 

私はこのSEVソールFitの足先とかかとの感覚の違いで

確かに効果を感じたのでSEVアンダーインソールの購入に至りました。

 

そのため最初にまずSEVのインソールを試してみるという事なら

SEVソールFitを購入してみるのは大いにありです。

 

私は大きいほうのSEVアンダーインソールを仕事用にして

小さいSEVソールFitを普段履きの靴に使うことにしました。

大きさが全く違うので

SEVソールFitはSEVアンダーインソールの半額程度の値段です。

 

SEVを試すという意味でもSEV製品の中で一番手軽に購入できて

効果が感じやすいのもSEVソールFitだと思います。

 

私はSEVのルーパーネックレスも使っていますが

個人的には立ち仕事をしているのでこのSEVのインソールが一番SEVの効果を感じます。

 

一番手軽な値段で購入できて効果も分かりやすいという意味では

SEVソールFitというのはSEVのお試し商品としての価値もあると思います。

 

SEVアンダーインソールは完全に普通の靴用の製品になっていますが

SEVソールFitは女性用のパンプスなどにも使えるので使い勝手は良いと思います。

中敷きが使えない場合でもSEVソールFitなら靴下の中に入れて使うこともできます。

 

 

素材の違いは?どちらも柔らかいが素材が違う

 

大きさの次に違うのが素材です。

 

SEVソールFitは厚さ0.5mm のエラストマー製で

質感としては少し固めのシリコンのような感じです。

 

SEVアンダーインソールは厚さ1mmのポリプロピレン製です。

 

ポリプロピレンは一般的なプラスチックで薬品の容器などにも使われているものです。

非常にやわらかくもろい感じがありません。

 

どちらの方が耐久性があるのかと言えば

やはり厚みが倍違うので

厚さ1ミリのポリプロピレン製のSEVアンダーインソールの方に分がありそうです。

 

どちらにしてもSEVのインソールは靴の中敷きの下に置いて使うため

すぐにダメになることはありません。

私ももちろん中敷きの下に置いています。

 

 

SEVソールFitとSEVアンダーインソールのそれぞれのメリット

 

ここでSEVソールFitとSEVアンダーインソールを比較した場合の

それぞれのメリットを軽くまとめておきます。

 

SEVソールFitのメリット

 

・SEV製品のお試し商品といえる値段設定

・小さくシリコン製なので様々なタイプの靴に変える

・中敷きを入れられなくても靴下の中に入れて使うこともできる

 

SEVソールFitの最大のメリットは何と言っても値段が安いことです。

SEV製品は高額になりがちですが

SEVソールFitだけはかなりお手軽に試すことができます。

そして小さく薄いことによる使い勝手の良さもSEVソールFitの大きなメリットです。

 

SEVアンダーインソールのメリット

 

・靴のサイズ28cmまで対応できる

・SEVソールFitよりも2倍厚くポリプロピレン製のため耐久性も高い

・切った後の残りも再利用できる

 

SEVアンダーインソールのメリットはなんといってもやはり足裏全体をカバーできることです。

SEVソールFitだと足の半分しかカバーできないので効果の感じ方が別物です。

 

またSEVソールFitよりも素材と厚さから見てより長く使えるも

こちらのSEVアンダーインソールだと思われます。

 

私はSEVアンダーインソールを靴のサイズ26cmに合わせてを切ったので

切り取った後の切れ端も再利用しています。

 

このようにしてSEVソールFitとSEVアンダーインソールの切れ端をセットにして

普段使う靴に入れて使っています。

SEVソールFitを持っているのでこのようにセットにしていますが

SEVソールFitを持っていなくてもこの切れ端だけでも効果はあります。

 

少し貧乏くさいと思われるかもしれませんが

SEVアンダーインソールの値段と効果を考えると

個人的にはおすすめです。

ぴったりの靴ならSEVインソールを敷くのは中敷きの下なので

こんなつぎはぎでもあまり動きません。

 

まとめ

 

SEVソールFitとSEVアンダーインソールは

ただ大きさが違うだけなのかと私も最初は思っていましたが

両方使ってみるとそれぞれのメリットがあり使い勝手も変わります。

 

まずSEV自体を使ったことがなく効果が疑わしいと思っている人は

値段の手頃なSEVソールFitを試しに購入してみるといいかもしれません。

私はそうして効果が実感できたのでその後にSEVアンダーインソールを購入しました。

 

本当に足の疲労に困っているという人は

最初からSEVアンダーインソールを購入してみるのも

もちろんおすすめできます。

 

私は仕事で一日中立っていたり歩き回ったりするので足の疲労に悩まされていましたが

このSEVのインソールを入れてすぐに何か感覚が違うのを感じました。

 

そしていつも1日の終わりに脚に筋膜リリース用のコロコロ棒でマッサージをしたのですが

そのマッサージがいらないくらい足の疲労感やむくみ方が全然違います。

 

SEVのインソールはSEV製品としてはとてもお手軽なので本当にお勧めできます。

 

 

 

SEVルーパーネックレスの違いと選び方もこちらの記事でまとめています。

長さも大事!SEVルーパー(Looper)ネックレスの違いと選び方