スポンサーリンク

長さも大事!SEVルーパー(Looper)ネックレスの違いと選び方

type MのSEVルーパーネックレス レビュー・比較

 

SEVルーパーネックレスが

気になっているけど

 

「いくつか種類があるけど

 何が違うんだろう?」

 

「どの長さがいいかな?」

 

そう考えている人もいると思います。

 

現在私はtype Mと type 3Gの

SEVルーパーネックレスを使い分けています。

 

この記事では

SEVの公式店舗である

SEVショールームで

SEVルーパーネックレスの詳細を

教えてもらった後に

実際にSEVルーパーネックレスを購入して

愛用している私がモデルによる違いと

最適な長さ選びのコツ等をまとめています。

 

スポンサーリンク

SEVルーパーネックレスは大きく分けて6種類

 

ルーパーネックレスは大きく分けると

シングルループ(首紐1本)の

 type C  

 type M

 type G  

 

トリプルループ(首紐3本)の

 type 3M 

 type 3G  

 type 3Ti (限定販売)

 

この6種類があり

値段は上から順に安くなります。

 

 まずは一番基本となるtype M と

その上位モデルのtype G の違いを

説明していきます。

 

type M (シルバー) が通常モデルでtype G(ゴールド)が上位モデル

 

まず基本となるtype Mの

SEVルーパーネックレスから説明していきます。

私が最初に購入したのも

このtype MのSEVルーパーネックレスです。

 

金属部分が シルバー色のアルミ合金で

ループ紐の部分の色を

7色から選ぶことができます。

 

 

type M にはループ紐が一本の基本タイプと

ループ紐が3本の「3M」があります。

type Mが通常モデルのため

まずは ルーパーネックレスを

とりあえず試してみたいという場合は

こちらの首紐1本のtype Mが

一番手軽な値段なので

試しやすいモデルになります。

 

type Mのシングルループが

一番基本のモデルになるので

他のモデルより劣るということではなく

このtype Mのシングルループが

標準ということになります。

 

そのため私もまずはこの一番手軽な

Type Mのシングルループを

試しに使っていましたが

私の場合は明らかに

柔軟運動時に体が楽に

伸びやすくなったのを実感しています。

この辺りは本当に人それぞれだと思うので

どんな効果を感じることができるかは

実際に試してみないと

分からないかもしれません。

後で触れていますが

私はSEVショールームで実際に

SEVの効果を試してみてから購入しました。

 

 type G はtype Mより体感効率を上げたモデル

 

SEVルーパーネックレスの

金属部分がゴールドの物が

type Gでtype Mよりも

SEVの体感効率が高くなっています

 

 

SEVの効果もそうですが

単純に金属部分がシルバーかゴールドかでも

かなり身に着けた時の印象が変わるので

私としてはこの金属の色で選んでも

問題はないと思います。

なぜならシルバー色のtypeMでも

私は十分効果を感じるからです。

 

ファッションとしても

SEVルーパーネックレスを使いたくて

首紐の色をカラフルな色から選びたいなら

唯一シングルループのtype G のみ

首紐が白か黒しか選べないという

デメリットがあります。

 

Type Mはtype Gより劣る?SEV効果以外の意外なメリット

 

とりあえず効果が高いものの方が

いいに決まってると感じるかもしれませんか

必ずしもそうとは限りません。

 

実際私がお店に寄った時も

店員さんはType 3Mを使っていました。

私が思うに過酷な運動などをしなければ

シルバーのType Mでも全く問題ないと思います。

 

それにファッションとして大切な色合いですが

選ぶループ紐の色によっては

Type Gのゴールドよりも

Type Mのシルバーの方が

色合いが合うこともありますし

何よりもtype Gのゴールド色は

使っていると徐々に色が落ちてきます。

 

このtype Gのゴールドが落ちてくるのも

人によっては気になると思います。

 

その点Type Mのシルバーは

傷ついたりくすんだりはするものの

シルバーのままなので

見た目の劣化具合が少なくて済みます。

 

また金属部分がゴールドだと

少し主張が強くなりますが

Type Mのシルバーの方が落ち着いていて

そちらの色合いの方が

いいという人もいるはずです。

 

 type Gの方が 効果が高いとはいっても

ファッションとして

シルバーの色合いのType Mを選ぶという選択は

全く問題ないと思います。

 

もちろん色あせなどはあまり気にしない

効果の高いものを選びたいと言うならば

やはり type Gということになります。

 

他でも触れていますが私は当初

SEVルーパーネックレスに半信半疑だったため

SEVショールームで実際に

話を聞かせてもらいながら

試着をして効果を試してみました。

SEVショールームには

ダンベルが置いてあって

それをSEVルーパーネックレスなしで持ち上げた後に

次はSEVルーパーネックレスをつけて持ち上げたりして

効果を体感して見ることができます。

嘘みたいな話ですが

私はダンベルが少し軽くなったような感覚がありました。

これは仮にそれが気のせいだったとしても

「これは効果があるかもしれない」

と感じることができるものを

身につけておくこと自体が

プラスになると思います。

 

こんなことを言うと

結局は気のせいかと思うかもしれませんが

気のせい程度の物がこんなに売れて

長年愛されていることはないはずです。

 

私自身もType Mの

SEVルーパーネックレスを使い始めて

かなり効果を感じたので

今ではType 3Gを使っています。

実際私のような人も多いです。

 

SEVショールームで詳しくそれぞれの

SEV製品の違いなどを聞いてきましたが

SEV製品はそれぞれのモデルで

配合を変えているそうです。

 

type Gはわかりやすく表面を

ゴールドにコーティングしていますが

SEVの配合自体が違うということです。

 

SEVとは一体何なのかは

後の項目で少し触れています。

 

Type Cは非金属モデル

 

このType Cは一番マイナーです。

通常モデルのSEVルーパーネックレスは

金属部分はアルミ合金ですが

金属アレルギーがある人や

より軽量化を求める人のための

プラスチック製のモデルです。

金属が含まれていないわけではなく

直接肌に触れないようになっているようです。

 

 Type M、Gのシングルループが12 gで

Type Cが8 gです。

 

残念ながらこちらのType Cは

現在どこも在庫切れで

再販される気配もなさそうです。

 

チタン製の限定モデル type 3Ti

 

チタン製の type 3Tiは

限定モデルになります。

こちらは限定販売で

トリプルループのみの取り扱いです。

 

今までのSEVルーパーネックレスの金属部分は

アルミ合金でしたがこちらは

より硬度が高く高級感のあるチタン製です。

 

アルミ合金は傷がつきやすく

高級感が失われやすいですが

この type 3Tiはその心配はないはずです。 

 

落ち着きがあるグレーのような色で

最高級モデルですが 

type 3Gと値段差もさほどないので

定番モデルとして採用されることに期待です 。

 

最適な長さは?シングルとトリプルで流さの基準が少し違う!?

 

SEVルーパーネックレスの長さには

 

44 CM

46 CM

48 CM

54 CM

 

基本的にはこの4種類があります。

54CM はラインナップにはありますが

基本的にオーダーになります。

 

女性ならぴったりが44 CM で

少しゆったりが46 CM。

男性はぴったりが46 CM で

少しゆったりが48 CM と言ったところです。

 

私は男性で46 CM の type Mを使っています。

44センチでも使えなくはありませんが

見た目は短く見えます。

私は46 CM を使っていますが

48 CM も全く違和感はありません。

 

意外な盲点!シングルとトリプルの長さの違い

 

SEVルーパーネックレスは

シングルもトリプルも

同じ長さのものが用意されていますが

トリプルの場合は

3本のループがよじってあるため

1本だけのシングルよりも

ねじれた分少しだけ短めになります。

 

分かりやすく言えば

私はシングルの46CM を使っていますが

トリプルの48 CM だとシングルの46CM と

あまり変わらないのくらいの

長さの感覚で使うことができます。

 

そのためシングルよりも

トリプルを選ぶ時のほうが

サイズ選びに迷ったら

長い方を選んでおいていいと思います。

 

これは実際に

私がそれぞれの長さのSEVルーパーネックレスを

同時に首に試着させてもらって確認したので

間違いはありませんが

そこまで大きく変わるというわけではないです。

ただ確かにシングルとトリプルとでは

少しサイズ感が違います。

 

そもそもSEVって何?ヒントがSEVの特許にあった

 

「そもそもSEVって何?」

という疑問は私もSEVショールームで

店員さんにも聞いてみましたが

そもそも企業秘密なので

詳しくはもちろん教えてくれません。

ただ独自に鉱物などを混ぜ合わせて

そのモデルに最適に調合されているとのことです。

 

私も自分で少し調べてみましたが

SEVは国際的な特許を持っています。

そこに材料として

モナズ石という鉱物も含まれています。

 

このモナズ石は

天然の微弱な放射線を出すようです。

放射線と言うと怖いイメージしかありませんが

自然の中に微弱な放射線というのは

身近に普通に存在するものです。

分かりやすく言えば温泉に含まれている

ラドンやラジウムも放射線物質です。

それが体に悪いということにはなりません。

むしろ温泉などは健康に良いものなので

天然の放射性物質自体も悪いものではない

ということは分かると思います。

 

そしてSEVは2008年から

10年以上販売していて

累計10万本以上も売れている物なので

何か問題があれば

もうすでに問題になっています。

 

むしろそれだけ長く売れ続けているものなので

信頼できるものだと言えるはずです。

 

まとめ

 

このようにSEVルーパーネックレスにも

いくつか種類があって

長さ選びにも

少しコツというか違いがあります。

 

私はまずは一番標準の

シルバーのSEVルーパーネックレスを

試しに購入してみましたが

今では運動時に必ず身に着けています。

私は体の柔軟運動が

明らかに使用以前より楽になったのを感じています。

肩や首のコリなどには

もっとわかりやすいかもしれません。

 

私は運動をメインに使っていますが

SEVショールームの店員さん曰く

就寝時につけると

疲れがよく取れるという効果もあるそうです。

私もかなり疲れた日には

つけて寝たりもしています。

 

最初はその効果を試してみたくて購入した

SEVルーパーネックレスですが

見た目もシンプルで癖がなく

運動時のスポーツウェアに

ちょうど良いアクセントにもなって

今では欠かせない存在になっています。

 

とても軽くジョイントもしっかりしていて

簡単に外れることもなく

邪魔にもならないいので

スポーツに正に最適だと思います

値段が少し高いのですが

効果は半永久的なので

一度買ってしまえば

壊れない限り一生でも使うことができます。

仮に壊れてしまっても

公式ショップで修理をしてもらうこともできます。

ループは1万円で取り替えることができるとのことです。

 

SEVルーパーネックレスのループ部分は

非常に柔らかいループですが

何年も使っていても丁寧に扱えば

特にダメになるような兆しもありません。

 

私は一番お手軽価格のシルバー type Mを

最初に購入して使っていますが

これでも十分効果を感じ

ファッションとしても役立っています。

 

もしどれがいいか迷ったら

好きな色のtype MのSEVルーパーネックレス

という選択肢でも問題ないはずです。

 

少し高いですが長年使えるものなので

試してみる価値は大いにあります。

 

楽天に公式オンラインショップがあります。

偽物に当たらないためにも

公式ショップでの購入がおすすめです。

 

こちらの記事ではSEVのインソールの違いをまとめています。

SEVソールFitとSEVアンダーインソールはどっちがいい?実際に両方使って違いを比較してみた