光目覚ましは効果ある?目覚ましのアラームがうるさいので試してみた感想。就寝時にもおすすめ!

Philips Wake-Up Light HF3520の画像 レビュー・比較

 

「光目覚ましが気になっているけど実際効果はどうなんだろう?」

 

そう考えている人もいると思います。

 

私は目覚ましのアラームで起きるのは

どうしてもびっくりしたりイラっとしてしまって

毎朝目覚めが悪かったので光目覚ましを試してみることにしました。

 

結論から言えば心地よく起きたいならぜひ試してみてほしいアイテムです。

二度寝してしまいやすい人にもおすすめです。

ついでに言えば夜寝る時の徐々に暗くなるタイマー照明が非常に良いです。

 

この記事では私が使っている

philips(フィリップス)「Wake-Up Light HF3520」の使い方や感想をまとめています。

 

光目覚ましで実際起きられる?光だけでは足りない時もある!

 

まず気になるのが実際に光目覚ましで起きられるのか

ということだと思います。

 

まず私の感想として基本的には光目覚ましだけで

気持ちよく起きることができます。

 

ただ寝つきが悪かったり夜更かししたりして朝に熟睡していると

光目覚ましだけでは完全には起きられない時もあります。

そのため2つセットできる目覚まし時間の内1つは

小音量でアラーム機能もセットしています。

 

前半は光目覚ましのみで6:30分

後半は光目覚まし+アラーム機能で6:45分

 

という感じです。

 

もし前半の光目覚ましだけで起きられなくても

目覚ましのアラームだけでびっくりして起きるよりも

光目覚ましで補助していた方が気持ちよく起きることができるのは確かです。

アラームもフィーリング系の自然音なのでストレスになりません。

 

光でなんとなく目が覚めてきているので

 

「そろそろアラームなるかな?」

 

と心の準備ができていたり

 

そこまで覚めていなくても眠りが浅くなってきているので

ビクッとするような起き方はしないですみます。

光の刺激のおかげでナチュラルな自然音でも無理なく起きられます。

 

この目覚ましのアラームや音でいきなり起こされるストレスが

極端に減らせるのが光目覚ましの最大のメリットだと思います。

 

この特性から同居する人がいても迷惑がかかりにくいのもメリットになります。

 

光目覚ましは突然眩しく光るわけではなく

設定時間までに時間をかけて徐々に明るくなっていきます。

色の移り変わり

このように朝日をイメージして色が変わっていきます。

 

一番暗い時の色

一番暗い時はこのように赤みがかった感じです。

 

一番明るい時2

一番明るくなるとこの通り十分な明るさです。

 

設定時間にフィーリング系の鳥のさえずりなどを鳴らすこともできます。

音量は5段階でOFFもできます。

音とラジオの選択

設定方法は後でまとめていますが

ラジオとフィーリング系音声5種類から選べます。

ラジオは海外製品なので周波数の違いから

入らないようです。

ラジオ設定にしてもノイズは入りません。

 

 

なぜ光で起きられるのか?その仕組みを簡単に

 

ここで簡単にですが光で目が覚める仕組みをまとめておきます。

 

そもそも人間はもともと夜暗くなると眠くなり

朝明るくなると目が覚めるようにできている訳ですが

これにはちゃんと科学的根拠もあります。

 

朝日のような強い光を感じると

セロトニンという脳を目覚めさせる脳内物質が活性化して目が覚めます。

ここで同時に体内時計がリセットされます。

 

このセロトニンは夜になり暗くなると

今度は眠気を誘発するメラトニンという脳内物質に変わります。

元々はこうして太陽の光によって人間の生活リズムは作られています。

 

そのため朝の光を補助して目を覚ますのはとても自然な起き方なので

気持ちよく起きることができます。

特に曇りや雨の日には効果的です。

 

philips「Wake-Up Light HF3520」の使い方

 

今では光目覚ましはたくさんの種類があって値段もピンキリです。

私は知っているメーカーで値段が他よりも高すぎなかった

philipsの「HF3520」を使ってみることにしました。

 

philipsといえば電動歯ブラシのイメージしかありませんでしたが

実はオランダの医療機器メーカーです。

 

このphilipsの「HF3520」には日本語の説明書が付いていませんが

操作自体はとても簡単です。

 

箱の説明書き

箱にも簡単に説明してありますが

これを見なくてもボタンにあるマークを見れば多分わかります。

 

ボタンのマークで感覚的にセットできましたが

参考のために基本操作をまとめておきます。

 

正面の画像

サイドにいくつかボタンがありますが

メイン設定の正面はタッチパネルになっていて

触れるとマウスのクリックのような音がします。

 

menuボタン

serectボタン

ここがMENUとSELECTボタンです。

MENUに触ると設定メニューが表示されます。

メニュー選択時

+と-で設定したい項目を選んでいきます。

設定したい項目が点滅している時にselectボタンで選択です。

画像は目覚まし時間を設定しているところです。

 

項目select後も同じように「+」「-」「select」で

それぞれの項目が簡単に設定ができます。

 

サイドのボタン

両サイドにもボタンがあります。

太陽マークで点灯できます。

目覚まし時も光っている時に押せば消灯できます。

 

目覚まし設定は2つセットすることができて

左右にボタンで起動できるベルのマークの

「ベル1」と「ベル2」のボタンもあります。

 

目覚まし時に本体を軽く触るとスヌーズ機能が働きます。

これはベルのみです。

 

付加価値?就寝時のルームライトに最高だった!

 

「HF3520」には夜寝る時に朝とは逆に

就寝時に使える徐々に暗くなっていく消灯機能があります。

60分まで5分刻みでタイマーをセットすることができるんですが

私にとっては光目覚ましとしてよりも

もしかしたらこちらのルームライト機能のほうが

重宝しているかもしれないくらい気に入っています。

 

元々私は天井のシーリングライトもタイマー付きの物を使っているのですが

私の使っているものは30分と60分しか選べません。

天井照明のリモコン

就寝時はいつも30分で突然消えるタイマーか

日によっては豆電球を使っていまいたが

この光目覚ましを買ってからは

ずっと30分タイマーでゆっくりと消えていくルームライトとして使っています。

 

思いがけずこれがすごく心地よいです。

私のようにタイマー消灯や豆電球で寝る派の人には

目覚ましはもちろんですがこちらの機能でおすすめしたいくらいです。

 

就寝タイマー

これは20分でセットしたところです。

 

就寝時ライトボタン

このサイドのボタンで起動できます。

この消灯機能が非常に良いです。

 

まとめ

 

目覚ましは音で起きるというのが常識でしたが

私のように音で起こされてストレスになっている人や

突然起こされるために2度寝してしまう人は

一度光目覚ましを試してみる価値はあると思います。

 

本当に目覚めの質が変わります。

 

個人的には寝つきの良くない人のための

徐々に暗くなっていくルームライトとしての使用も同じくらい推しています。

リラックス効果が高いです。

 

 

 

寝つきが悪い人にはこちらの目もとマッサージも

心地よい振動で眠くなるのでおすすめです。

私はいつも寝る間際に使っています。

パナソニックの目もとエステはどれがいい?機種による違いと目的別のおすすめのモデルを紹介

 

光目覚まし以外にも「VALKEE2」という光で眠気を覚ます機器も

なんとなく効果があるように感じます。

興味のある人はこちらの記事でまとめています。

レビュー!光で目が覚める!?眠りの質を良くする医療機器「valkee2」を使ってみた!

 

amazonで最大2.5%お得に買い物する方法

この記事で紹介しているもの以外でも

amazonでのお買い物ならamazonギフトにチャージしてからの購入が断然お得です。

チャージ金額に対して最大2.5%もポイントがたまります。

 

amazonでよく買い物をするならチャージなしの購入はむしろ損しているようなものです。

 

チャージタイプギフト券などは1円単位でチャージできます。

ぜひ一度amazon公式サイトで詳細を確認してみてください。

 

>>amazonギフト券の詳細はこちらをクリック<<