スポンサーリンク

パナソニックの目もとエステはどれがいい?機種による違いと目的別のおすすめのモデルを紹介

EH-SW02の画像 レビュー・比較

 

「パナソニックの目元エステなんか良さそう!」

 

「でも種類がたくさんあってどれがいいのかわからないな・・」

 

せっかく目元エステを

試してみたくても

どれを選べばいいのか

わからないと困りますよね。

 

この記事では

そんな悩みを解消するため

普段から目元エステ

「EH-SW02」を使っている私が

目元エステの機種による違いや

目的別のおすすめモデルをまとめています。

 

記事の最後に

目もとエステの使用感や感想も書いています。

 

スポンサーリンク

目もとエステの効果は?大きく3つの効果がある

 

パナソニックの目もとエステには

 

・スチームで目元に潤いを与える

・目元を温める

・目元をリズムマッサージでほぐす

 

この三つの効果があります。

 

特にスチーム機能があるのが

他のメーカーの

目もとマッサージ器との

大きな違いです。

 

今では色々な

目もとマッサージ器がありますが

パナソニックの目もとエステは

コンパクトで扱いやすく

手入れが簡単なのも

メリットの1つです。

 

ここからそれぞれの

モデルの違いを紹介します。

 

美容にもリラックスにも!スチーム量の多い「EH-SW65、66、67、68」

 

パナソニック目もとエステの

メイン機能とも言えるのが

温感スチームです。

そのスチーム効果が高いのが

 

「EH-SW65」「EH-SW66」

「EH-SW67」「EH-SW68」です。

 

この4つのモデルは

小型ファンも搭載していて

これ以前のモデルと比較して

スチーム量が2倍になっています。

 

特に美容機器として

目もとのうるおい目的で

目もとエステを使いたいなら

まずこの4つから選ぶのがおすすめです。

 

美容目的はもちろんですが

スチームとリズムマッサージに加えて

「EH-SW66」「EH-SW67」「EH-SW68」は

アロマまで使える万能型で

疲れを取ってリラックスするにも最適です。

一番間違いないモデルになります。

 

また「EH-SW66」までは

ヒーター温度が40度までですが

「EH-SW67」「EH-SW68」の2つは

ヒーター温度が42度まで設定できます。

たった2度差と思うかもしれませんが

2度差でも体感は全く違います。

 

↓こちらが最新モデル↓

・EH-SW68(ヒーター42度設定可能)

 

・EH-SW66

 

 

↓アロマ不要ならこちら↓

・EH-SW65

パナソニック 目もとエステ 白 EH-SW65-W
パナソニック(Panasonic)

 

 

上のモデルは目元エステの中で

最もスチーム量が多いモデルです。

 

できるだけ予算を抑えてスチームが多めのモデルを選びたいなら

 

できるだけスチーム量が多いものがいいけど

予算があまりないという場合なら

古いモデルで「うるおいタイプ」の

 

EH-SW51

EH-SW52

EH-SW53

 

この3つから選ぶのがいいです。

これらは初期型目もとエステからは

スチーム量が10%アップしています。

 

パナソニック 目もとエステ ビューティタイプ ピンク調 EH-SW53-P
パナソニック(Panasonic)

 

アロマタブレットが使える目もとエステは「 EH-SW54、55、56、57、66 、67、68」

 

パナソニックの

美容家電共通で使える

アロマタブレットは

目元エステでも使えます。

アロマのリラックス効果も

優れていますよね。

 

アロマタブレットは

 

・ラベンダー

・ゼラニウム

・ティートゥリー

・イランイラン

・ベルガモット

 

の5種類があります。

 

アロマも使えるモデルがいいという人なら

ここで紹介しているモデルを選びましょう。

 

アロマタブレットが使えるのは

 

・EH-SW54

・EH-SW55

・EH-SW56

・EH-SW57

・EH-SW66

・EH-SW67

・EH-SW68

 

この7モデルです。

 

私はパナソニックの

ナノイースチーマーも使っていますが

最近のモデルのナノイースチーマーも

同じアロマタブレットが使えます。

 

美容家電として

ナノイースチーマーや

目元エステを一緒に使っている人も多いです。

アロマタブレットを

共通で使えるので

ムダがなくとても便利です。

 

↓関連記事↓

レビューあり!ナノケアスチーマーはどれがいい?効果的に使うためのおすすめ機種を紹介

 

アロマタブレットが使える目もとエステ7種類のモデルによる違いは?

 

アロマタブレットが使える

目もとエステ7種類の

モデルによる大きな違いは

「EH-SW66、67、68」は

スチーム量が他のモデルの2倍あり

小型ファン搭載で

うるおいスチームが

効率よくいきわたるようになっています。

 

アロマタブレットが使えて

スチーム性能も高いモデルがいいなら

 

・EH-SW66

・EH-SW67

・EH-SW68

 

この3つのモデルです。

 

パナソニック 目もとエステ 白 EH-SW67-W
パナソニック(Panasonic)

 

スチーム量はあまり気にしなくて

アロマとマッサージができればいい

ということなら

 

・EH-SW54

・EH-SW55

・EH-SW56

・EH-SW57

 

も選択肢に入ります。

 

 

持ち運びに便利なコンパクトタイプ

 

コンパクトタイプは

仕事や旅のお供に適したモデルです。

 

コンパクトモデル

「EH-SW31、35」は

目もとエステの中で

最小最軽量です。

値段も一番安いことが多いです。

 

重さは

 

コンパクトモデル 

「EH-SW31、35」 135g

 

標準型モデル

「EH-SW67」 195g

 

このように60g軽く

一回り小さくなっています。

 

この「EH-SW31、35」は

温度選択が42度まで可能です。

 

42度を選択できるのは

他の目もとエステでは新しい

「EH-SW67」「EH-SW68」の2つだけです。

その他のモデルは38度か40度までです。

 

ただし安く軽量な分

リズムマッサージ機能はありません。

 

スチームで目もとを暖めるのが

目的になります。

仕事中に一息つくにも

このモデルがおすすめです。

 

他の古いモデルは

単純に性能が劣るだけですが

こちらのコンパクトモデルだけは

完全に最新モデルとも

目的別の棲み分けができていて

古いモデルの中では

一番売れ筋商品でもあります。

 

 

タイプ別の目元エステは全部で5種類

 

目元エステは

 

・うるおいタイプ

・ビューティータイプ 

・リラックスタイプ

・リフレタイプ 

・コンパクトタイプ

 

というタイプ別で

ラインナップされています。

 

リフレタイプ

ビューティータイプ

リラックスタイプの違いは

呼び方の違いで

古いモデルが

リフレタイプとビューティータイプ

現行モデルがリラックスタイプです。

 

それぞれにほとんど違いはなく

スチーム量2倍の

「EH-SW65、66、67、68」と

区別するためと考えてOKです。

 

うるおいタイプ「EH-SW51」

この後の項目でも触れていますが

初期型の「EH-SW50」よりも

スチーム量が10%増加しています。

しかし発売当時

初期型よりもスチーム量がアップしたため

「うるおいタイプ」となっているだけです。

現行モデルよりもスチーム量が

優れているわけではありません。

 

古いモデルは?目もとエステの初期型は「EH-SW50」

 

目もとエステの基本型となる

初期モデルは「EH-SW50]です。

 

「EH-SW51」でスチーム10%アップ 

「EH-SW53」から

シリコンの鼻あてが追加されています。

 

旧型番のうるおいタイプの

目もとエステでも

スチーム量は

現在の新しいタイプの半分ほど。

 

目もとエステは

このようなタイプ別に関係なく

新しいモデルのほうが

断然スチーム量が多いのです。

 

例えばうるおいタイプで「EH-SW51」は

1つ前の型番「EH-SW50」よりも

スチーム量が10%増加しています。

 

しかし新しいモデルの

「EH-SW65、66、67、68」なら

うるおいタイプに分類されていませんが

「EH-SW51」の時代のモデルよりも

スチーム量が2倍もあります。

 

あえて今からこのあたりの

古いモデルを購入するのは

おすすめではありませんが

現行モデルよりは

かなり安く購入できるので

目もとエステを

できるだけ安く試してみたい

という場合にはいいかもしれません。

 

また私は現在では

同じパナソニックの

ナノケアスチーマーも使っているため

目もとエステには

スチームよりも

マッサージ機能を求めています。

そういった場合にも安く購入できる

「EH-SW50]という選択肢もありです。

 

パナソニック 目もとエステ シルバー調 EH-SW50-S
パナソニック(Panasonic)

 

限定モデルと通常モデルの違いは何?

 

目もとエステには

限定モデルというものもあります。

例えば私の使っている「 EH-SW02」は

「EH-SW52 」の限定モデルです。

 

また「EH-SW65 」の限定モデルは

「 EH-CSW65」など。

このように型番が変わりますが

基本的に同じものです。

違うのはバンドの色だけだったりします。

 

共通の説明書

このように説明書も共通です。

 

目もとエステを実際に使っている感想

 

私は寝る前に目もとを暖めるのと

リズムマッサージを主な目的に

目もとエステを使っています。

 

この2つの機能だけでも

かなりリラックスできて

気持ちよく眠ることができます。

 

私は目の疲れを解消するため

温感スチーム目当てで

目もとエステを使い始めましたが

意外なことに

リズムマッサージが最高でした。

 

電車の心地よい振動と音で

眠くなった経験はありませんか?

あれも同じ効果です。

 

目もとエステは

私の安眠の強い見方になっています。

目もとエステを使い始めて

ずっとあった目もとのクマも

薄くなり目もとが確かに明るくなりました。

良く寝れているのと

目もとスチームのおかげでしょう。

 

私は基本的に寝る前に使いますが

専用のヘッドバンドもついているので

椅子に座って休憩中などでも

バンドで固定して

使えるようになっています。

 

スチームは専用のプレートを

濡らすだけで発生します。

1度使い終わると完全に乾いているので

後処理などは必要ありません。

 

この小さな穴に入った水が

熱でスチーム化する構造です。

モデルによって

このプレートの形が変わったりしますが

基本構造は同じです。

 

顔に触れる部分はシリコン製で

簡単に外せて洗うこともできるので

手入れも楽々です。

 

 

パナソニック以外のメーカーの

目もとマッサージ器も

使ったことがありますが

他のメーカーのものは肌に触れる部分が

 

・取り外せない

・フカフカしている

 

などで手入れが難しかったりします。

 

そしてコードレスではなかったり

かなり本体が大きかったりします。

これだと扱いにくく

最初は使っていても

いずれ使わなくなってしまいます。

 

扱いやすさや手入れのしやすさも

目もとエステのいいところです。

毎日手軽に使えます。

 

充電は1時間で2回使用可能。

私はいつも

バスタイムの前に充電しておきます。

 

私は就寝前に仰向けで使うので

バンドは使いませんが

バンドを使えば

座りながら使うこともできます。

目もとエステのバンド

 

目もとエステの選び方まとめ

 

結論として

 

美容効果とリラックス効果のどちらも高く

間違いないものがいいなら

 

・EH-SW65

・EH-SW66

・EH-SW67(ヒーター42度設定可能)

・EH-SW68(ヒーター42度設定可能)(最新モデル)

 

 

スチーム量が普通でもアロマが使えることを重視するなら

・EH-SW54

・EH-SW55

・EH-SW56

・EH-SW57

 

リズムマッサージは不要で温感とコンパクトさを求めるなら

 

「EH-SW35」

 

このように選ぶと失敗がありません。

これで自分に合った

目もとエステを見つけてみてください!

 

amazonで最大2.5%お得に買い物する方法

 

この記事で紹介しているもの以外でも

amazonでのお買い物なら

amazonギフトにチャージしてからの購入が断然お得です。

チャージ金額に対して

最大2.5%もポイントがたまります。

 

amazonでよく買い物をするなら

チャージなしの購入は

むしろ損しているようなものです。

 

チャージタイプギフト券などは

1円単位でチャージできます。

ぜひ一度amazon公式サイトで

詳細を確認してみてください。

 

>>amazonギフト券の詳細はこちらをクリック<<