海外から安く手軽に国際電話をかける方法4選!これを知っていれば海外でも安心!

海外旅行

 

海外旅行へ行く予定だけど

 

「国際電話って通話料高いんだろうな」

 

きっとそう不安に感じる人も多いと思います。

この記事ではそういった不安を解決できる

安く手軽に国際電話を使う方法をまとめています。

 

スポンサーリンク

まずは比較のため!普通の国際電話の料金はどれくらい?

 

まず安く国際電話を使うための比較として

普通にいつものスマホのままで国際電話を使うとどれくらいの

通話料金がかかるかの目安です。

 

国や使うサービスにもよりますが

携帯やスマホからだと平均1分あたり130円ほど。

 

例えばアメリカなら1分あたり平均63円ほどで使えますが

ドイツだと平均190円近くします。

 

またスマホは30秒ごとに料金が加算されます。

仮に5分通話したとしたら平均で650円程度かかるということになります。

 

一般的に日本国内で電話を受ける側に料金は発生しませんが

逆に海外で日本からの電話を受ける場合でも着信料金というものが発生します。

国や事業者によって料金が異なりますが

一例としてdocomoの場合で韓国での着信料金は1分間で70円です。

 

docomoなどのキャリアの契約だとそのまま国際ローミングサービスで

海外でも特に手続きなどしなくてもいつもの番号でそのまま電話することができますが

このように高額な通話料金が発生します。

 

そのためやはり安く国際電話を使う方法は準備しておくべきです。

 

海外から安く国際電話をかける方法は?

 

海外から安く国際電話をかける方法はいくつかありますが

ここでは手軽な4つの方法を紹介します。

 

①インターネット環境のみでも使える IP 電話を使う

 

総合的に見てこの方法が私の一番のおすすめ方法になります。

 

海外ではインターネットも料金の高い国際ローミングサービスを使わずに

海外用レンタルwifiを使う人も多いと思います。

 

そのためインターネット接続のみで通話ができる IP 電話に登録しておけば

レンタルwifiだけでもかなり安い値段で国際電話を使うことができます。

 

この IP 電話はインターネットにさえ繋がれば使えるためとても便利です。

通信するためのデータ量の目安は1分あたり250KB程度とかなり小さいです。

1時間で15MB。

 

海外レンタルwifiの最安プランだと

データ量の限度が一日300MBというプランが多いですが

それでも十分です。

IP電話だけで考えれば20時間も話せます。

 

 IP 電話は国際電話に限らず

いつもの電話番号を使いたくない場合などにも重宝するため一つ作っておくのはお勧めです。

IP電話のアプリを登録すれば050から始まる電話番号が1つもらえます。

 

年会費など維持費は無料で使った分の通話料のみ払う仕組みです。

 

ただ注意点は1年ぐらい使わないと勝手に解約されてしまう可能性があることです。

そうは言っても本当に少しだけでも使えばいいだけなので

年間の維持費は数十円程度で抑えられます。

 

私はIP電話アプリのSMARtalk(スマトーク)を使っていますが

アメリカ、中国、韓国など32カ国へは30秒で10円という格安で電話することができます。

 

5分の通話で100円なので国際電話の平均通話料の約6分の一になります。

 

実際にインドネシアへ行った時に日本へ電話してみましたが

問題なく使えました。

 

スマトーク通話履歴

 

この時の通話料金は1分24秒で24円でした。

 

+81という番号が日本の識別番号になります。

海外から日本に電話をかける場合はこのように+81が電話番号の頭につきます。

 

画像右側に「応答」と表示されているので

相手が電話に出たのがわかると思います。

 

SMARtalk(スマトーク)の公式ページはこちらから。

【スマトーク】

 

 

IP電話を使う際の注意点

 

・全く使わないと回線が解約される可能性がある

 

繰り返しになりますが1年くらいIP電話を使わないと

勝手に解約されてしまう可能性があるため

回線維持のために少しだけでも使ってください。

私の場合国内では年間数十円程度の利用でも回線を維持できています。

 

・登録後に海外でも使えるように手続きを

 

IP 電話に登録しただけでは国際電話には対応しておらず

電話でカスタマーサービスに連絡して国際電話でも使えるように設定をしてもらう必要があります。

 

・登録にはクレジットカードが必要

 

登録にはクレジットカードが必要になります。

使った通話料はクレジットカード払いです。

 

クレジットカードが使えるなら

このIP電話が国際電話として使うのに最も使い勝手がいいです。

 

もしIP電話も含めて海外用にクレジットカードを作るなら

年会費無料で海外旅行保険が無料で付帯しているエポスカードがおすすめです。

 

私もエポスカードをいつも海外旅行に持っていきますが

これだけで海外旅行保険の数千円が毎回浮きます。

 

公式ページはこちらから。
【エポスカード】

②LINE Out (ラインアウト)を使う

 

今や誰でもアカウントを持っているくらい普及している

スマホ無料メッセージアプリのLINEですが

このLINEでも安く国際電話を使うことができます。

 

LINE といえば LINE の友達同士でなら手軽に無料通話ができるので便利ですが

LINE の友達にしかこの無料通話は使えません。

 

しかしこの LINE のアカウントを使って

LINE 友達以外の普通の電話番号に電話をすることができるのがLINEOutです。

 

5分以内の無料通話も広告を見ることで一部の国に限りできますが

かなり限られているのでここでは割愛します。

 

すでに LINE アカウントを持っていればLINEOutを使うための手間はたいしてかかりません。

 

手順としては

LINEのホーム画面の右上に歯車マークの設定アイコンがあるので

そこをタップすると基本設定のところにLINEOutがあります。

あとは必要事項を登録していくだけです。

 

試しにベトナム旅行前だったので実際にポイントを購入して

現地ベトナムにある旅行会社に電話してみましたが全く問題なく使うことができました。

 

国によって通話料は変わりますが私が使ったベトナムだと1分8円

驚いたことにスマホなら国内通話より安いです!

 

ベトナムの場合で言えば5分で40円なので国際電話の平均通話料の約16分の一になります。

 

データ量の目安も1時間の通話で18MB。

こちらも海外レンタルwifiの最安プランである300MBプランでも

十分です。

 

 

LINE Out の注意点

 

このとても便利な LINEOutですが2つ注意点があります。

 

まず通話をするためには料金を先払いで

コールクレジットという名前のポイントを買うことになるのですが

Android の場合このポイントに180日間の使用期限がついています。

 

ですので通話前や使うかもしれない場合に限って

最低限のポイントを購入しておくという使い方しかできません。

 

とはいっても最低が240円なので通話の保険として買っておいても高くはないです。

 

iPhone を使っている場合はこのポイントの使用期限がありません。

無期限です。

ですのでとりあえずポイントを買っておいてもいいと思います。

 

かなり多くの国でLINEoutを使うことができます。

 

国ごとの通話料金はこちらから確認できます。

【LINEoutの公式ページ各国通話料金一覧】

 

 

LINEoutの公式ページトップはこちらから。

【LINEoutトップページ】

 

③通話用電話番号付きの現地格安SIMを使う

 

海外に少し慣れている人などでは

海外用レンタル WiFi を使わず格安の現地SIMを使うという人も多いです。

 

現地の格安SIMを使う場合 SIM ロック解除をしたスマホか

元々SIMフリーのスマホが必要になります。

 

SIMロック解除に関してはこちらの記事にまとめています。

docomoのスマホSH-01Gを店頭でSIMロック解除してきた!SIMロック自体がわからない方の参考にも

 

この格安で使える現地SIMにはインターネット専用のものと

電話番号が付いていて通話もできるものがあります。

 

国によりますが通話用電話番号付きでも1000円もかからないものもあり

その値段で20分~60分程度は通話できるものが多いです。

データ通信のみだともっと安いです。

 

この番号付きの格安 SIM ならば電話ができるのはもちろん

電話番号があるので配車アプリも現地でこの番号で登録できます。

 

しかし私も海外でこの電話番号付き現地格安SIMを何度か使っていますが

使い方が悪いのかなぜか電話がかけられなかったりもするので

これ以外の方法も用意しておくべきです。

 

 

海外格安SIMの画像

左からミャンマー、ラオス、ベトナムの格安現地SIMです。

 

タイで海外格安SIMを使った記事はこちら。

docomoのスマホをSIMフリーにしてタイの現地格安SIMで使ってみた。なんと1日あたり100円以下!

④コレクトコールでつないでもらう

 

この方法はおまけ程度です。

 

コレクトコールって何か聞いたことはあるなと思っても実際何かよくわからないですよね。

 

コレクトコールとは電話がかかってきた相手が料金が払うというものです。

郵便で言えば着払いのようなものです。

 

安くかけるというよりは電話をかける方はお金がかかりませんが

かかってくる方はとても高額な通話料がかかります。

 

・どうしても連絡しなければいけないのにお金はない

・クレジットカード会社に連絡がしたい

 

という時にはこの方法を使うことができます。

 

クレジットカード会社なら海外からコレクトコールでかけることを推奨していますし

実際クレジットカード会社の公式ページからコレクトコールでのかけ方も紹介しています。

しかしまずセンターに繋いでもらうなど少しややこしいです。

クレジットカードの紛失などなら

遠慮なくコレクトコールで電話してみてもいいかもしれません。

 

それ以外はとにかくコレクトコールは受ける方の負担がかなり大きいため

家族など信頼できる人に対してだけ使うようにしましょう。

後で怒られるかもしれませんが話せばわかってもらえるはずです。

 

コレクトコールはクレジットカード紛失などのトラブルか

お金がない時の緊急手段という位置づけでいいと思います。

まとめ

 

このように国際電話も手軽にとても安くかけられるようになっています。

何も準備をしなければ突然の対応で高額な通話料がかかる危険もあります。

 

4つの方法を全て用意する必要はありませんが

どれか二つ程度使えるようにしておけば安心して旅を楽しむことができるはずです。

 

おすすめなのは

 

・IP 電話

・LINE Out 

 

この二つは導入のハードルも低く手軽なので

旅の前に使えるようにしておくと安心です!