CBDは効果ある?実際に色々試してみてわかったおすすめの選び方

ヘンプのイラスト レビュー・比較

 

CBDを試してみたいけど

 

「ほんとに効果あるのかな?」

「どれを選べばいいんだろう?」

 

そう考えている人もいると思います。

CBD製品はまだあまり一般的ではないので不安もありますよね。

 

それに種類も多くどれを試してみるのがいいのか迷ってしまいがちです。

 

この記事では日常的にCBD製品を使っている私が

CBD製品を初めて試す場合の参考に

実際に使ってみてわかったおすすめの選び方をまとめています。

 

最初に!CBDは完全合法でWHOも認めている

 

「CBDって大麻由来だしグレーゾーンだったりするのかな?」

「ほんとに使って大丈夫?なんか怖いな」

 

と不安に感じている人もいるかもしれません。

 

私自身も大麻の医療用途に興味がありましたが

CBDを知るまでは大麻の成分は日本では試すことができないと思っていました。

 

しかしCBDは現総理大臣の安倍晋三首相の奥さんである安倍昭恵夫人が

安部首相の潰瘍性大腸炎のためにも使用していたほどです。

このように日本国内で購入したり使うことに何の問題もありません。

またWHO(世界保険機関)もCBDが医療用途に使えると認めています。

 

CBD製品には大麻で問題になるTHCという成分が含まれていません。

特に心配するような副作用もないので安心して使うことができます。

 

CBD製品はどんな種類がある?特徴とおすすめの選び方

 

 CBDを試すとはいってもいろいろなCBD製品にも色々な形態があって

どれを選べばいいのか分からないですよね。

 

そこでCBDを試すのにどんな種類を選ぶことができるのかと

それぞれの特徴や向いている人を紹介していきます。

 

一番身近! CBDリキッド

 

CBDリキッドはCBDをプロピレングリコールなどに溶かしたものです。

プロピレングリコールは電子タバコの一般的な基材です。

 

販売される形は

 

・瓶入り

・カートリッジ

・ペン(使い捨てvepe)

 

などです。

 

ドンキホーテに売っているCBD製品もこのリキッドで

カートリッジの物をたくさん取り揃えています。

そのためリキッドが一番身近で一般的と言えるかもしれません。

 

CBDリキッドは電子タバコのように吸えるので一番即効性があり

ドンキホーテにもあり一番手軽に購入できるので

電子タバコに抵抗が無い人なら一番試しやすいというメリットがあります。

 

リキッドはCBDの体への吸収率が50%以上と高いのが特徴です。

オイルだと15%程度なので違いは歴然です。

 

CBDリキッドも濃度は色々ありますが

まずは手軽で安く購入できるペンやカートリッジで試してみるのもいいと思います。

 

ヘンプオイルとは別もの! CBDオイル

 

 CBDオイルはオリーブオイルやヘンプオイル(麻の実油)にCBDが含まれています。

 

普通のヘンプオイルは一般的にスーパーなどでも売っていますが

CBD製品とは別のものです。

一般のヘンプオイルにCBDは含まれていません。

 

「麻の実油一番搾り」を使ってみたことがありますが

例えるなら薄いゼンマイ風味でした。

 

CBDオイルは舌下に1、2滴垂らしてしばらく口に含んでおくのが一般的な使い方です。

 

 CBD自体が苦いので決しておいしいものではないですが

夜中に手軽に使うときなどには重宝すると思います。

私は現在夜中はよりコスパのいいCBDワックスを使っていますが

その前はCBDオイルを使っていました。

 

私はオリーブオイルベースとヘンプオイルベースの両方を試したことがありますが

オリーブオイルのほうが味や苦味がマイルドです。

 

CBDリキッドやワックスだと吸入するための器具を使う必要があり

電子タバコタイプだと充電がなければまず充電からなど意外な手間があります。

 

後で紹介するCBDグミも手軽ですが甘いので夜中に食べて

そのまま歯磨きせずに寝るのもお勧めできません。

CBDは摂ると眠くなってきます。

そのためオイルは夜中に使う場合に使い勝手が良いです。

 

CBDオイルのメリットは手軽に使えて

甘くないので歯を磨いた後でも夜中も使えることです。

 

器具も必要ないのでCBDを初めて試すのにも向いています。

 

こちらは私も使っていたオリーブオイルのもので

有名メーカーかつ値段と濃度のバランスが良いです。

現在Amazonでは取り扱いがありません。

 

一番気軽に安く試せるCBDグミ

 

CBD製品で私が一番最初に購入たのもCBDグミでした。

やはり食べるのが一番抵抗が少なく

少量で安く購入できるお試し用があるため

とりあえずCBDがどんなものか試してみたいなら一番おすすめできます。

 

私が買った時はまだ大容量のものしかありませんでしたが

お試し用の少量のものが出てきて

これでもっとCBDを試せる人が増えそうだなと感じました。

 

効果を感じることができれば私のようにCBD製品の値段自体が高くても

大容量のものを購入するきっかけになるはずです。

 

必要なCBD含有量は人によりますが私の場合は毎日は使わないせいか

1回分はCBD含有量15mgのグミ1個でも十分です。

 

現在はコスパのいいCBD含有量25㎎のほうを使っています。

 

 

CBDはとりすぎても特に害はないのですが私にはそれくらいの量でも十分です。

そのためCBDの効果を感じることができる人なら

1回で1~3粒くらい食べてみるとそれで十分わかると思います。

 

こちらが5粒入りのお試し用です。

現在Amazonでは取り扱いがありません。

 

 

コスパ最高! CBDワックス

 

 CBDワックスはCBD純度の高い製品が多いです。

そのためごく少量の割に値段は高いのですが

 CBD自体の含有量が多いので割安になります。

 

含有量が90%以上とほとんどがCBDのようなものもあります。

私はCBD含有量94%のワックスを夜中眠れない時に使います。

 

割安でCBDとしてのコスパが一番いいのでそのまま使うのももちろんですが

オイルに混ぜてオリジナルで CBDオイルを作ったりするのもありです。

 

ワックスのメリットはとにかくコスパがいいことです。

ただこぼしやすかったり固まったりしてしまうので扱いが少し面倒です。

ワックスはジェル状だったりこのように固まりだったりします。

 

一番効率のいい吸って使う方法には気化させるための器具も必要なので

最初に試すには少しハードルが上がってしまいます。

 

CBDを試してみてコスパのいいものを使っていきたいと感じたならワックスはおすすめできます。

 

こちらはCBD濃度94%で吸入用器具もセットなのでお買い得です。

現在Amazonでは取り扱いがありません。

 

その他

 

私は運動後に目が覚めてしまって眠れなくなるタイプなのでジムへ行った日は

CBDプロテインを使っています。

 

 

味は苦味のあるきな粉です。

元々運動後にプロテインを摂っていたので

ついでにいいかなと思い使っています。

 

CBD製品はこの他にもクリームや化粧品など様々なものがあります。

 

その他の成分も重要!CBDは単体よりもフルスペクトラム

 

CBDとは正式にはカンナビジオールという

大麻に含まれているカンナビノイドという成分の一部です。

大麻にはCBD以外にもたくさんのカンナビノイドやその他の成分が含まれています。

 

CBDは単体よりもこのその他の成分も一緒に摂るほうが効果が高いと言われています。

低温抽出で大麻からTHCを取り除いてその他の成分も残して製品化しているのが

「フルスペクトラム」と言われているものです。

 

その他の成分でわかりやすいのは香り成分である「テルペン」です。

「テルペン」も単体でリラックス効果などが期待できるものです。

「テルペン」はエッセンシャルオイルやオレンジやレモンの香り成分でもあります。

 

CBD製品は「フルスペクトラム」ではなくても

この「テルペン」などを後から足しているものもたくさんあります。

後から足しているから悪いなどということはありません。

同じ天然成分です。

 

そのためCBD自体の含有量だけではなく

その他の成分量の違いなどでも

使い心地がかなり変わってくるので色々試してみる楽しみが増えるはずです。

 

まとめ

 

私は寝つきの悪さと脚の慢性的な痛みが気になっていて

CBDを試してみることにしました。

 

法律の問題で記事上ではっきりと書くことはできませんが

私はそれ以来ずっとCBD製品を愛用しています。

CBDは決して安いものではありませんが切らさないようにしています。

 

CBDグミの表示部を参考に貼っておきます。

15㎎のCBDグミの表示部

 

CBD製品は輸入ものしかなく値段が高いのいで

いつかは完全国産も生産してほしいですが

時代が進まないとまだ厳しいですね。

 

しかしせめて今も使うこと自体はできてよかったと思っています。

CBDが気になっているなら

まずはCBDグミが安くて一番試しやすいのでおすすめです。