壊れるって口コミは本当!?メディリフトを壊さないように上手に使う方法!

折り畳んだメディリフトの画像 レビュー・比較

 

私はメディリフトを使う前に

「壊れてしまった」という口コミが気になっていました。

 

でももう1年以上メディリフトを使っていますが

壊れることなく快適に使えています。

 

私が1年使ってみて思うのは

壊れるというのはほぼ1つのことが原因だと思います。

 

この記事ではその壊れる原因と

その他の壊れる可能性やメディリフトを使う際の注意点などをまとめています。

 

壊れる!?気になるメディリフトの口コミ

 

私は@コスメなどのメディリフトの口コミで

 

・ベルトが壊れてしまった

 

という口コミが一番気になっていたので

これだけは気を付けようと考えていました。

 

メディリフトには顔に固定するベルトが4本ベルトあるのですが

はっきり言って補助ベルト2本はモデルさん並みに小顔な人以外には短いと思います。

 

ベルトが壊れてしまったというのは

この補助ベルトが短いために引っ張りすぎたのが原因だと思います。

 

壊れるというのはほぼこれが原因のはず。

次からの項目の中で画像も入れてさらに詳しくまとめています。

 

壊れるのはここ!ベルトを引っ張りすぎるのは NG

 

メディリフトはシリコン製でとても柔らかくよく伸びそうな質感なんですが

実は普通のゴムのようにあまり引っ張ることはできません。

シリコンはゴムみたいな質感ですがゴムほどは伸びないためです。

 

しかしちゃんと解決方法が2つあります。

 

メディリフト下側のベルトは短めなので引っ張りすぎに注意!

 

メディリフトにある4本のベルトのうち

縦方向に固定する下側の補助ベルト2本ははっきり言って短めです!

これを頭頂部までもっていける人がうらやましいくらいです。

 

 

 

私は頭が少し大きいほうではありますが

それでもこれはかなり小顔の人をベースに作られていると思いました。

 

短めなので思いっきり引っ張ってしまいそうになります

でもゴムの感覚で引っ張ると壊れてしまう恐れがあります。

 

私と同じくこの補助ベルトのマジックテープ部分を

頭頂部までもってこれない人も多いと思います。

 

私もベルトが壊れてしまったという口コミを見ていなかったら

ベルトを引っ張りすぎて壊してしまっていたかもしれません。

 

でもこの短いほうのベルトは補助ベルトなので使わなくても顔にセットすることができます。

 

実は上側2本のメインベルトだけでも固定できる

 

メディリフトは短いほうの小さい2本の補助ベルトを

無理に引っ張って頭頂部までもってこなくても

大きい2本のメインベルトだけで問題なく顔に固定することができます。

 

補助ベルトも使えたほうがもちろんしっかり固定できるはずですが

メインベルトだけでも全く問題なく使えます。

 

補助ベルトはそのまま首の後ろのほうにもって行けば邪魔になりません。

 

朗報!メディリフト用延長ベルトが発売開始

 

やはりこの補助ベルトが短い!

という声が多かったのかメディリフト用の延長ベルトが販売されるようになりました。

 

私はもうメインベルトだけで使うことに慣れましたが

どうしてもメディリフトの固定が上手くいかないという場合は

延長ベルトを使えば解決できるはずです。

 

このベルトはそんなに高くないのでそのまま使ってみてダメだったら

購入してみてもいいと思います。

 

 

メディリフトを使う際のその他の注意点は?

 

メディリフトを上手く使うには

EMS を発生させている機械部分(コントローラー)の位置も大事なんですが

顔との接触面に付いている電極部分にちゃんと水分がないと電気刺激が届きません。

 

メディリフトは金属部分があるコントローラーがこのように浮いているので

 

「このくぼみはジェルで満たせばいいのかな?」

 

と最初は思いましたが

ゴムの出っ張り部分が電極になってます。

 

 

電極というと金属のイメージでしたがこの出っ張り部分のゴムだけは

ちゃんと電気が流れるようになってます。

 

 

メディリフトは正しくセットすると

コントローラー部分は顔から浮いているため

その隙間に水分を満たそうとすると充電コネクターまで濡れてしまう可能性が高くなります。

 

 

充電コネクターは防水ではないので顔とコントローラーの間の隙間は

とても大事です。

コネクターに水分が入ってしまうと壊れてしまう原因になります。

 

・もっと気軽に使いたい

・バスタイムに使いたい

 

という人は「メディリフトアクア」というこのコントローラー部分が防水になっている

メディリフトがおすすめです。

 

私が使い始めた頃はまだこの防水タイプの「メディリフトアクア」はなかったのですが

むしろ買い替えも考るくらいです。

 

コントローラーが非防水で壊れるということは今のところないですが

私もバスタイムに使いたい願望があります。

 

メディリフトアクアの購入は公式サイトが最安で

14日間なら返品可能など特典満載なのでおすすめです。

公式メディリフトアクア

公式サイトの特典

 

Amazon、楽天、yahooの値段はこの通りです。

メディリフトアクアAmazon値段

メディアクアyahooメディアクア楽天

 

>>メディリフト公式サイトでメディリフトアクアを見てみる<<

 

水分が足りないとピリピリする

 

実際にメディリフトを使ってみて

もしピリピリしたら水分が足りないということです。

それとコントローラーが顔に密着していなくても「チチチチチチ」

という細かな音がして少しピリピリします。

 

メディリフトは電気刺激であるEMSを使っているため

しっかりと化粧水で潤して使わないと上手く動作してくれません。

水分がないとうまく通電できないためです。

 

この状態の場合はコントローラーの上から手でしっかり押さえると

ピリピリするのではなく

筋肉がピクピクするようなEMS本来の刺激がくるのでベルトの位置などで調整してみてください。

刺激が全く違うのですぐわかると思います。

 

メディリフト専用ジェルもありますが

いつも使っている化粧水でも全く問題なく使えます。

 

ただメディリフト本体のシリコンによくないので

オイルやクリームは使わないようにとのことです。

 

まとめ

 

メディリフトは他に同じようなものがないので

壊れてしまったという口コミはどうしても気になりますよね。

 

確かに注意して扱わないといけない部分もありますが

そこのポイントだけちゃんとわかっていれば大丈夫です。

 

大事なのは次の2つで

 

・本体はゴムではなくシリコンなのでベルトは無理に引っ張らない(あまり伸びない)

・コントローラーは防水ではない

 

この2つだけ気をつければほぼ壊れることはないと思います。

 

そして今ではこの2つの問題も

 

・メディリフト用延長ベルト

・メディリフトアクア(防滴IPX4)

 

という最初から解決できる選択肢もあります。

 

この記事では壊さないように上手に使う方法を紹介しましたが

メーカー公式サイトからの購入のみ1年6か月保障と14日間返金保証があり

サポートダイヤルもあるので

故障が心配なら公式サイトからの購入が一番安心です。

本体の値段も最安です。

公式メディリフト値段

公式サイトの特典

>>メディリフト公式サイトはこちらをクリック<<

 

Amazon、楽天、yahooの値段はこの通りです。

メディリフトAmazon値段

メディリフト楽天メディリフトyahoo

 

メディリフトを使ってみた感想や上手に使うコツはこちらの記事にまとめています。

レビュー!メディリフトを使ってみてわかった正しい位置で効果的に使うコツ!