3種類の色や形の違うパイナップルを食べ比べてみた!ピーチパインはすごいぞ!

パイナップルのイラスト キッチン・フード

 

ここ最近よく見慣れた一般的なフィリピン産緑色のパイナップルではなく

オレンジ色をしたパイナップルや

ちょっと形の違うパイナップルを見かけるようになりました。

 

「何かそんなに変わるのかな?」

 

値段も少し違うのでそう思う人もいると思います。

 

この記事では海外でも変わったフルーツを食べ歩いている私が

最近見かけるようになった

ちょっと見た目の違うパイナップルを食べ比べてレビューしています。

 

関連記事

ホーチミンで食べてきた南国フルーツ10種類をレビュー!値段や注意点は?

[タイ]カットフルーツより安全な皮付きフルーツの食べ方!一見硬そうでも手で剥いて食べられる!

台湾産ゴールドパイナップル

台湾産パイナップル

この台湾産のゴールドパイナップルは多数のスーパーマーケットで見かけるようになりました。

おそらくコロナの影響でフィリピン産が入りにくくなった代わりもあるのだと思います。

 

フィリピン産よりは少し値段高めですが

このゴールドパイナップルは大玉もあり芯まで食べられるため

食べられる量自体もフィリピン産より多いです。

 

オレンジ色によく熟したものが出回っています。

こちらの品種は青いものは見かけたことがないです。

台湾パインの身

切ってみると普通のパイナップルと同じですが

芯まで食べることができます。

芯の食感はたけのこの煮物のような柔らかさと歯ごたえで

身にはない香りもありとてもおいしいです。

 

フィリピン産よりこちらが甘味も強く芯まで食べられて

大玉もあるのでこの記事の中の3種類ではお得感NO.1です。

 

沖縄県産ボゴールパイン(スナックパイン)

ボゴールパイン

こちらもたくさんのスーパーマーケットで見かけるようになりました。

表面の溝が深く柔らかいのが特徴です。

やはりコロナの影響でフィリピン産パイナップルが入りにくくなったのもきっかけだと思います。

 

このボゴールパインはスナックパインというだけあって本当に手でちぎって食べられます。

今まで パイナップルと言うと1玉で買っても

切るのが面倒くさいと敬遠されていた部分もありますが

このスナックパインはみかん感覚で食べられるので

パイナップルを食べる事への障害を取り除いたすばらしい品種です。

 

スナックパインは小ぶりなものが多いですが

私は珍しく大玉のものを見つけました。

ボゴールパインをちぎったところ

ちぎったボゴールパイン

このように大玉でも柔らかく溝が深いので本当に手でちぎれます。

そしてこちらも台湾産パイナップルと同様に芯まで食べることができます。

スナックパインは小玉が多いですがちぎって食べる場合は

大玉だと芯の部分が残ってしまうため小玉のほうが食べやすいです。

 

このパイナップルは手でちぎれる上に芯まで食べられるので本当にみかん感覚です。

これはパイナップルという概念そのものが覆される代物です。

 

今までパイナップル1玉は面倒くさいから食べなかったという人にも是非オススメしたい品種です。

 

実は希少!美しく香りが物凄いピーチパイン

ピーチパインの画像

最後にとっておきのピーチパインです。

こちらは沖縄県以外の産地を見かけたことがありません。

元々生産量が少ない上に知名度も低いので

食べられるうちに食べておいてほしいです。

 

しかも収穫時期も2ヶ月間ほどと短くレアな品種になります。

 

このピーチパイン見た目からかなり美しく

緑色のものも所々ピンク色で熱帯を思わせる美しい色合いです。

ピーチパインの色合い

 

熟れたピーチパイン

こちらはよく熟したピンクがかったオレンジ色のもの。

このような色の方が熟しているので甘くなっています。

 

ピーチパインの身

切ってみると身は白っぽいです。

ピーチパインは基本的に小玉ですが

こちらも他の2品種と同様に芯まで食べることができます。

芯まで食べられためよく見かける緑色のフィリピン産パイナップルと

食べられる量自体はほとんど変わらないと思います。

 

肝心の味の方なのですがこれが衝撃でした!

 

下調べではピーチの香りがするとなっていましたが

実際はそんな控えめなものではなく

思いっきりトロピカルなパッションフルーツのようなものすごい芳香があります。

パイナップルって最近はもう身近になり過ぎて

トロピカルフルーツのイメージもなくなっていますが

パイナップルとはそもそもトロピカルフルーツなんだと思い出させてくれました。

 

美しい色合いと相まってかなりの特別感があります。

これは贈答用にも喜ばれるでしょう。

希少な上に他の品種とは香りが一線を画しているので

見つけたら是非食べてみて欲しいです。

 

小ぶりで割高かなと思うかもしれませんが

一度食べればその価値を見出されること間違いないです。

 

なかなか普通に売っているところは少ないですが通販でも売っています。

こちらは産地直送なので間違いないはずです。

 

まとめ

 

今まではパイナップルといえばフィリピン産の緑か少し黄色っぽい

同じものしか見かけることはありませんでしたが

最近見かけるようになった台湾と沖縄産の3種類はすべて芯まで食べられる上に

おそらく産地が近いおかげでよく熟した甘いものが入荷されています。

 

はっきり言ってむしろこれからはこちらの種類が主になるのではないかと思うくらいです。

フィリピン産は緑色であまり甘くないものも多い中

やはりこの3種類は基本的によく熟していて甘く芯まで食べられるので

今までパイナップルを敬遠していた人たちも見る目が変わると思います。

 

ぜひ一度試してみてください !